ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

劇団四季の鹿鳴館

9bd43467.gif劇団四季鹿鳴館がBS2で放送されましたね。
わたしは鹿鳴館を去年の5月に自由劇場で観ました。


その時の感想は・・・

『緊張の舞台、空気、空間。です。

三島由紀夫さんの作品に初めて触れたわけですが、あの人がどのような作家か、人間かは初めて分かった気がします。

私が三島由紀夫さんに抱いた感想は、「憎悪の人」「純粋過ぎた芸術家」です。

劇中にあった「芸術は憎悪の表現」・・・細かい台詞は違ったと思いますが、ニュアンスは同じです。この台詞は強烈でしたね。これは芸術だけではないでしょう。人間の歴史そのものが「憎悪」の繰り返しによって成り立っているのではないでしょうか。

「怒り」は動物(人間も動物だけども・・・)にもありますが、「憎悪」は人間特有の感情ではないでしょうか。「憎しみの連鎖」によって人間は成り立っている。そんな気がしました。「負けん気」もある種の憎悪かもしれませんね。

本当に三島ワールドを堪能した気がします。』



・・・いろいろな考え方があるかもしれないですが、舞台は生で見るものですね。テレビじゃあの迫力は伝わりません。

実のところは・・・録画に失敗しました チキショー こんな時に機械に裏切られた・・・。

まあいいか。また観に行こうかな・・・。

あっ 

今月は博多座にマリーアントワネットを観に行きます。涼風真世さんの舞台・・・楽しみです。