ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

鹿鳴館

鹿鳴館

ふと考えたんだけども、俺のこれまでの人生で三島由紀夫の作品って読んだことがないよね・・・。

実は5月に劇団四季の「鹿鳴館」を観に行くことにしました。四季のストレートプレイを観るのは・・・「解ってたまるか!」以来ですが、四季がどのように演じるかは興味深いです。

鹿鳴館」という作品自体は、過去に何度か舞台化されていますし、1986年には映画化されているんですね。知らなかった・・・。

しかし、私の中にある三島由紀夫のイメージが金閣寺と、切腹事件につきるのであんまり興味がわかなかったのですが、先日なぜか「観てみたい。」と思いました。なぜかな?理由はいらないけども・・・。

まあ、いつもの通り肩の力を抜いて観ることにします。昭和三部作の公演は肩に力を入れすぎたせいか、未だに肩が痛い・・・。