ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

忘憂の酒

忘憂忘憂
「憂いを忘れる」
中国の詩人陶淵明は、お酒を『忘憂の物』と呼んでいます。

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の残した言葉に
酒はこれ忘憂の名あり。これをすすめて笑ふほどになぐさめて去るべし。」
とあります。


「お酒には『忘憂』の名がある。どんな慰めの言葉も届かない悲しみのそこにに沈む人を前にしたときは、ただ黙ってそばに座り、お酒を飲み交わすのがよい。(訳 鍋島直樹 龍谷大学教授)

お酒を飲み交わすことで人と心を結びつけ、時間を共有する・・・。良いじゃないですか
諏訪酒造が「忘憂」という名のお酒を造りました。

ちなみに諏訪酒造はドラマにもなった漫画「夏子の酒」のモデルにもなった酒蔵です。

味の感想は今夜飲んでから書きましょう。
・・・書けるのか?飲んでから・・・。