ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

漢字とユニコード

Wordで文書を作るときに人名や理療系の漢字が出てこなくて困ることがあります。実はWordの場合は出てこない漢字でも出すちょっとした裏技があります。

そこで使うのがUnicodeというものです。これは文字に番号を当てはめることで、世界で使われる全ての文字を共通の文字集合にて利用できるようにしようという考えで生まれました。まあ、要はすべての文字には番号が振られていると考えてもらったらいいです。

そのUnicodeがわかれば漢字を出すことができます。

たとえば「脘」という文字があります。これは「かん」と読みますが、東洋医学の経穴に登場する漢字です。普通に「かん」とうっても出てきにくい漢字です。これをWordで表記するには…

まず、UnicodeをWordに打ち込みます。この文字の場合は 

U+8118 

ですね。そしてUnicodeを打ち込んだ直後にAltキーとXのキーを同時押しします。少しだけ待つと

という漢字に変換されます。

実はあまり知られていない裏技ですが、この方法は地味に役立ちます。

人名など、なかなか使われていない漢字なども、Wordだとこの方法で出すことができるので覚えておくと便利ですよ。