ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

iPadにWordのデータを入れる

iPadやiPhoneのアプリ、UDブラウザはWordで作成した資料を取り込んでHTML変換してリフローモードでの表示が可能です。また、PDFデータも取り込んで表示させることができます。

 

blog.gikonomado.com

 

ここで問題が一つ、どうやってiPadやiPhoneにパソコンで作ったデータを取り込むのか?

方法は3つあります

その1 MacからAirDropで飛ばして取り込ませる。

MacやiPhone、iPadなどはAirDropという機能を使って無線でデータのやり取りが可能です。ただ、この場合Windowsのパソコンでは使えないので一般的ではないかもですね。

その2 iTunesを使ってデータの共有をする。

WindowsパソコンにiTunesをインストールし、ライトニングケーブルを使ってパソコンと接続し、作成したデータを共有する。この方法だとWindowsのパソコンでも共有できますが、パソコンと毎回接続したりするのは結構面倒くさい…。

その3 Lightning端子対応のUSBメモリを使う

最近はパソコンでも使えて、iPad・iPhoneでも使えるというUSBメモリが増えてきました。筆者はTranscendというメーカーのUSBメモリを使ってWindowsパソコンとiPadのデータをやり取りしています。メーカーが作ったアプリをiPadにダウンロードしてデータを取り込み、それをiPadのなかでUDブラウザにコピーするという方法を使っています。

 

 

一番手軽にデータの共有がしやすいのはこの方法かもしれませんね。

今後は会議や学会の資料もUSBで配布してくれないかな…。そうすれば便利なのに。