ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

OCRでプリントを読もう

このところ似たような質問が相次いだので…

「プリントを写真で撮って文字を読ます方法はないですか?」という質問がなぜか相次いで寄せられました。

プリントなどをカメラやスキャナーで読み込んで文字を認識させる技術を「OCR(Optical character recognition)訳:光学文字認識」と言います。

視覚障害者は昔からこの技術を使って情報を得てきました。最近ではスマホのアプリでこれができるようになりました。

iPadやiPhoneで使える代表的なアプリを2つ紹介します。

OCR

f:id:gikouk:20190315140108j:plain

CamScanner+

f:id:gikouk:20190315140124j:plain

この2つが代表的なOCRアプリです。

ただ、このOCRアプリを使ってiPadなどで文字読み上げさせるにはいくつか注意点があります。

以前こちらにも記事として書きましたが、

blog.gikonomado.com

読み上げには誤読が多いです。

これがある程度文字がわかってる人ならいいです。音を聞いて文字を頭に浮かべてその文字の正しい読み方へ変換してという作業ができます。でも、言葉や文字の学習が十分でない人がこれをやるとおそらく混乱します。

読み上げにはそこには存在しない文字をその場でイメージできる力「見えない文字を見る」という力が必要になります。

なので使い方には注意しましょう。

そもそも、私に言わせればなぜ「紙のプリント」にこだわるのでしょうか?

プリントでなくデータで配布すればUDブラウザなどで読み込んで使うことができます。

OCRなどで問題を解決するのでなく、根本的なところの合理的配慮で物事を解決していくという発想が重要になってくるではないでしょうか。