ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

MacにWindowsを入れてみよう!

気がついてみるとちょっと長い間ここで記事を書いてませんでした。
忙しすぎて面目無いです…。

実はこの間、プライベートで使っているMacを買い替えました。

スペックは
MacBook Pro 13インチ(2017) タッチバー無し
メモリ16GB
SSD 512GB

Apple公式サイトから教職員割引を使って買いました。
教職員割ってありがたいんですよ。

www.apple.com

正直買い替えにはちょっと悩んでました。
キーボードの使い心地が慣れるかが自信なくて…。

でもすぐ慣れました。今では快適です。

さて、Macユーザーの私が困ること第1位は何かと言うと、点字編集用のソフトが使えないことです。

以前こちらの記事で紹介した点字編集システムなどはWindowsのソフトなのでMacでは動きません。

blog.gikonomado.com

そこが不満点なのですが…実はMacでWindowsのソフトを使う方法があるます。

 

その方法とは…MacにWindowsを入れてしまうこと

 

お前は何を言ってるんだと言われそうですが、できるんですよこれが。

とりあえず今回は方法を2つ上げときます。

1つ目はBoot Campを使う方法です。

Boot CampはMac付属のユーティリティです。Boot Campを使えば、macOSとWindowsを切り替えて使えます。つまりAppleが公式にWindowsを入れる方法をMacに用意してくれているんです。

ただし、この方法には弱点?もあります。それはWindowsを使いたいときにはMacをシャットダウンするしか無いということ。これが私にはちょっとストレスだったので、いまではこの方法は使ってません。

 

2つ目が私が使っている手段です。

Windowsを仮想化ソフトで使う方法です。仮想化ソフトとは、Windowsのアプリケーションを、Macのソフトと同じように使うことができるソフトです。例えば、ファイルやフォルダはマウスを動かすだけで移動できますし、プリンタ・周辺機器・Wi-Fiの共有も簡単です。インターネット接続も設定が不要です。「Mac OSX上でWindows10を動かせるソフト」なので、BootCampのようにいちいち起動し直す手間もなく快適です。

私はParallels Desktop 14 for MacをMacにインストールしてそこでWindows10を動かして点字編集システムなどのWindowsソフトを使ってます。あとは一太郎や住所録ソフトもですね。

春はパソコンの買い換え時期ですが、MacかWindowsかで悩んだら「MacにWindowsを入れてしまう」というのも一つの選択ではないでしょうか。