ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

“学校を休ませてレジャーや家族旅行”ってどう思う?

正直、土日に休めない気持ちもよく分かる。うちなんか土日が忙しい上に年中無休状態だもんね。子供の頃から家族そろっての旅行なんて親戚の葬式ぐらいしかなかったし・・・。


これは以前ある高校に勤めていたときに、ある先生と話していて思ったことだけども、子供達が毎日学校に来ることは非常にすばらしいと思う。でも、 なかには明らかに出てきてはまずい状態(体調など)の子供達が皆勤賞など欲しさに出校してきて、周りに迷惑がかかったり、本人の体調を悪化させたりという こともしばしばある。

皆勤賞が欲しいために出校してきて周りに風邪をうつして被害を拡大するとか・・・。しかも高校3年でこれをされるとえらいことにある。受験生のことを考えると、このような状況は非常に困る。

だから俺の考えとしては、無理に毎日出校してくることよりも、ゆっくり休んだりしながら、無理をしないで通って欲しい。大人にもそのために有給というものがある。有給の使い方は自由だ。風邪で休もうが、旅行に行こうが自由に取れる。・・・職務に影響を与えない程度ならね。

学校には欠席時間に関する判断基準があって、総時間数の5分の1以上とかの判断基準がある。逆に言えば欠席時間が5分の1にいかなければ欠席時間 については問題がない。まあ、休んだ分は本人の努力で勉強してもらえばいいのだから。休んだ分の授業について、分からなかったら先生に聞けば教えてくれる し。

生徒達も人間だから、気分的につらいときなどもあるだろうし、そういったときはちょっとした気分転換で治ることもある。だから親が子供を休ませて レジャーに行ったりすることも、授業時間数の問題が無くて、周りに迷惑をかけなければ、少しぐらいならいいと思ったりもする。子供にとっても気分転換にな るかもしれないから。ただ、しょっちゅうそのために休ませたり、欠席時間が多すぎるのを知っていてしたりすると問題だがね。

まあ、年1回ぐらいなら「周りにばれないように行け。」が俺の考え方だね。

あくまでも個人的な見解です。