ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

京都南座『出雲の阿国』

68016a70.jpg

e98d5729.jpg



12月に『法然親鸞』を観るために博多座にいったのですが、その際に前進座の浜名さん西川さんと約束したので今回時間を作って京都まできました。ついでにその前に大阪で『エリザベート』を観たわけです。

今回の公演の会場は京都の「南座」です。歌舞伎発祥の地は京都の四条河原ですから、この南座は歌舞伎発祥の地に建つ劇場として、出雲の阿国にゆかりが深い劇場ともいえます。

実は私も長い間京都に住んでいましたが、南座には行ったことがなかったのですよ。なんといってもチケット代が高いから・・・。ですから今回は自分でも意外ですが初の南座です。

南座で観る作品は南座にゆかりが深い『出雲の阿国』。非常に因縁を感じますね。

今回は2等席での観劇です。席は3階の1列目のやや下手側。舞台全体が見渡せるので結構いい席でした。

感想としては非常に華やかながらも阿国の女らしさ、逞しさを表現されている作品ですね。作品としては踊りを非常に重要視しておられるので、特に阿国の踊りのすばらしさには感服いたします。

機会があった今度は1階席で観たいですね。花道の使い方とかじっくり見てみたいです。