ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。Apple製品のヘビーユーザーです。

デュエット

c1da02a6.jpg

昼からは、日比谷のシアタークリエで「デュエット」観劇でした。

 

日比谷の帝国劇場には来たことがありましたが、シアタークリエは初ですね。

 

今回観た「デュエット」は劇作家ニール・サイモン原作のミュージカルです。基本的に二人舞台の作品ですが、そういえば二人舞台の作品を観るのは初めてですね。実は今回はどうしてもこの作品を観たくて東京に来たのですが、その理由とは・・・保坂知寿さんが劇団四季を退団して初めて出演される作品だからです。保坂知寿さんは以前「マンマ・ミーア!」のドナ役を演じておられるのを観て、その存在感に圧倒されたことをよく覚えています。

 

その保坂さんが四季を退団されたのは正直驚きでしたが、退団されても役者として活躍されることを非常にうれしく、これからも楽しみですね。

 

保坂さんの相手役は、石井一孝さんです。石井さんと言えば「レ・ミゼラブル」でのマリウス役とバルジャン役で有名です。

 

そんなお二人が共演される二人芝居ですから、面白くないわけがありませんね。実際、非常に面白い作品でした。

 

今回座った席は、3列目の上手側の内側通路横だったのですが、非常によい席でした。石井さんや保坂さんの表情もよく分かるし、汗や呼吸もよく分かる席です。劇中のレストランのシーンで石井さん演じる作曲家のヴァーノンが保坂さん演じるソニアに「君、本当に汗をかかないね。」と言うシーンがあったのですが、そのシーンは結構激しいダンスシーンで石井さんは本当に汗だくだったのですが、保坂さんは本当に汗一つかいていない。石井さんのあの台詞が脚本通りなのか、アドリブなのかは分かりませんが(おそらくアドリブ?)思わず笑ってしまいました。

 

あと、この作品には何人かの実在の人物が登場します。もちろん名前だけですが、バーンスタインなど本当に過去の人物もいましたが、2幕の終盤近くでソニアが言った台詞「エルトン・ジョンの再来と呼ばれている作曲家が・・・。」再来って、エルトン・ジョンはまだ死んでいないだろ。思わず笑ってしまいました。

 

この作品は基本的に喜劇ですから、大いに楽しめましたね。保坂さんと石井さんのコンビもはまっていましたし。また観に行きたいですね。関西で再演をやってくれないかな。