ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記

リンカーン暗殺久々に時間がとれたので鳥取東映シネマで観てきました。ニコラス・ケイジ主演の「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」の感想です。

この作品の第1作は、私のお気に入りの作品です。その作品の第2作ですから、ちょっと期待していました。なかなか観に行く機会がなかったのですが、今日は時間が出来たことと、メンズデーだったので1,000円で観られることから観てきました。

この作品は最近のハリウッド映画にありがちな設定の、人が簡単に死ぬような作品ではないので、気楽な感じで観れるのも良いところでしょう。

今回はリンカーン暗殺にからんだ宝探しのお話です。主人公(ニコラス・ケイジ)の先祖がリンカーン暗殺者の首謀者の汚名を着せられ、汚名を晴らすために真相解明もするというストーリー。「大統領の本」とか分かる人には楽しくてたまらないストーリーです。

1作と同じく、相変わらずつっこみどころも満載ですが、良いのです!娯楽作品ですから!そこが面白いのです。

ただ・・・何となく第3作がありそうな気がするのは私だけでしょうか・・・。でも、少し楽しみな気もします。