ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

劇団四季「ウイキッド」

fa73f5e4.jpg劇団四季の「ウイキッド」25日のソワレ公演を観てきました。久々の「海」劇場です。ここに来るのは3回目。過去には「マンマ・ミーア!」を観て、「オペラ座の怪人」を観て、今回は「ウイキッド」です。

「海」劇場で観劇は3回ともに2階席なのです。この劇場は他の劇場と比べても特に2階席が舞台から近いので、2階からの観劇が好きな劇場です。今回の席はS2階席6列目13番2階席下手側ブロックの通路側です。

今回はあらかじめオペラグラスをレンタルしておきました。眼鏡の上からのオペラグラスは・・・ちょっと辛いかな。でもまあよく見えます。

配役は以下のようになっています。

グリンダ          沼尾みゆき
エルファバ         濱田めぐみ
ネッサローズ       小粥真由美
マダム・モリブル     森 以鶴美
フィエロ           李 涛
ボック            金田暢彦
ディラモンド教授     武見龍磨
オズの魔法使い     松下武史

濱田めぐみさんは「アイーダ」以来です。あのときは心の底から震えるような感動を覚えました。この方の歌声はとんでもないパワーがあるから大好きです。

さて、この「ウイキッド」は「オズの魔法使い」の世界を描いたもう一つの物語です。子供の頃に見た「オズの魔法使い」の物語を思い出しながらじっくりと観劇しました。

正直言って私の最近観たミュージカルの中でも最高の出来の作品でしょう!これほどの完成度とは思いませんでした。「オズの魔法使い」という身近な作品ですから、すぐに物語の中に入っていけます。ミュージカルナンバーはどちらかと言ったら個性は弱いですが、そこを補えるほど濱田さんや沼尾さんが歌って聴かせてくれます。グリンダのちょっとおちゃらけたキャラクターも物語に良い影響を与えてると思います。

しかし、やはり何よりも濱田めぐみさんが演じるエルファバ=ウイキッド。この方の歌声のすさまじさは相変わらずどころか、「海」劇場の音響効果もあるのかもしれませんが、本当に痺れました。1幕の最後に「Defying Gravity」を歌って休憩にはいるのですが、濱田さんが歌い終わって幕が下り、客席の明かりがついたとたん、客席からは深い感動の「ため息」がはっきり聞こえました。しかもみんながそれに気づいたため、次の瞬間にため息に対するちょっとした驚きが客席に広がりました。こんなことは初めてです。

昼に観た「キャッツ」が困った結果だったのでなおさら感動しました。この作品を観られただけでも今回は本当に大満足です!

本当におすすめのミュージカルですね。