ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

漢字とユニコード

Wordで文書を作るときに人名や理療系の漢字が出てこなくて困ることがあります。実はWordの場合は出てこない漢字でも出すちょっとした裏技があります。

そこで使うのがUnicodeというものです。これは文字に番号を当てはめることで、世界で使われる全ての文字を共通の文字集合にて利用できるようにしようという考えで生まれました。まあ、要はすべての文字には番号が振られていると考えてもらったらいいです。

そのUnicodeがわかれば漢字を出すことができます。

たとえば「脘」という文字があります。これは「かん」と読みますが、東洋医学の経穴に登場する漢字です。普通に「かん」とうっても出てきにくい漢字です。これをWordで表記するには…

まず、UnicodeをWordに打ち込みます。この文字の場合は 

U+8118 

ですね。そしてUnicodeを打ち込んだ直後にAltキーとXのキーを同時押しします。少しだけ待つと

という漢字に変換されます。

実はあまり知られていない裏技ですが、この方法は地味に役立ちます。

人名など、なかなか使われていない漢字なども、Wordだとこの方法で出すことができるので覚えておくと便利ですよ。

在宅勤務とICT

コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、全国で緊急事態宣言が出されたのが4月のこと。鳥取県の公立学校は4月27日から5月6日まで臨時休校となりました。実質は4日間ですが…。

その間、我々教員も在宅勤務が認められたので私も在宅勤務していました。その間にちょこちょこと色々なこともやってましたが…。

やってみて感じたのが、自宅のICT環境ってほんとに大事ですね。うちは高速インターネット回線とWi-Fiが完璧に整備してあってパソコン、タブレットもあるので作業したりには全く困りませんでした。

もし自宅にこれらの環境がなかったら…はたしどうかな。オンライン授業を以前の学校で3月にやってましたが、そのときにも重要になったのが自宅環境の問題でした。

学校のオンライン環境整備はもちろんですが、各家庭の環境の推進も今後の国や地方の課題ですね。

在宅勤務と何もできない連休が終わって、少しずつ鳥取は日常を取り戻しています。ソーシャルディスタンスと新しい生活様式に慣れながら…。

この週末は身体のメンテと車のメンテを優先させますかね。

整骨院の待ち時間にモスで朝食食べながらちょっと考え事など。

f:id:gikouk:20200509094223j:plain

 

大掃除してみた

鳥取県でも県立学校が休校になっています。期間は4月27日~5月6日。実際の課業日としては4日間ですが…。

今回は教員も在宅勤務が認められました。私の場合はエリアをまたいだ長距離通勤者なので優先的に在宅勤務が認められています。今週いっぱいは在宅で色々と教材の準備をしようと考えています。

そんなこんなで今日はまず自宅のデスク周りの大掃除から。

そしたら出るは出るは…過去から現在までの様々なケーブル類が(笑)

過去に使ってたiPadのケーブルやSONYのウォークマン用、各種カメラのケーブルなど…整理してしまいました。

さて、この機会にちょっと覚えたいこともあるので、張り切って在宅で勤務しますかね。

お昼はニンニクの効いたペペロンチーノで。ひとに会うこともないので、匂いを気にしなくていいのは嬉しいかも(笑)

f:id:gikouk:20200427161514j:plain



 

Amazonのオーディオブック

4月から転勤で遠くの学校に行くことになりました。

毎日片道60キロ、往復120キロ…毎日2時間半ぐらいの通勤時間です。正直…遠いよ。

でもせっかくなのでこの時間を有効活用すべく準備をしています。車の中で何ができるかな…。

Amazonがオーディオブックサービスをやってますね。Audible というサービスですが今なら2ヶ月無料で使えます。早速登録してみました。

オーディオブックというとデイジーのイメージがあったのですが、Amazonのオーディオブックは声の出演が面白いですね。今読んでいる(聴いている)本はオアシズの大久保佳代子さんが吹き込んだものでした。

他にもドラマ化されている作品をドラマの女優さんや俳優さんが吹き込んでいたり、なかなか面白そうです。

せっかくの機会なのでじっくり聴きながら毎日通勤しましょうかね。

臨時休校と学習保証

コロナウイルスの感染拡大防止の観点から全国で学校が一斉に臨時休校しています。私が勤務する学校も臨時休校になってます。

企業などではリモートワークを導入するなどしてますが、学校ではどうでしょうか?

実はうちの学校では一部の学部ですが、遠隔でのリモート学習を実現しています。

生徒側にWi-Fi環境があることを確認した上で、生徒のiPhoneと学校のiPadをFaceTimeで接続しています。この方法であらかじめ渡しておいた教材を使いながら補習(臨時休校だから授業ではない)を行っています。

今回、ある意味で追い込まれてこの形になったのですが、これが案外教員からも生徒からも好評でした。今後は夏休みの補習などもこの方法が使えるかもしれないと気付かされました。

コロナウイルスの感染拡大という非常時に臨時休校になって、新たな可能性に気付かさせられる…。

ピンチをチャンスにして可能性を広げるという、今回の出来事から学ぶことも多い気もしています。

実はもう一つ実行中の遠隔補修の方法があるのですが…それはまたいずれ…。

f:id:gikouk:20200307101958p:plain

 

MacとiPadの画面共有で要約筆記してみた

macOS Catalinaには便利な機能があります。

新機能Sidecarを使って、iPadをMacのサブディスプレイとして使えるのです。

ただし、これにはどのMacでもiPadでもいいわけでなく、

・2016年以降のMacと、Apple Pencilに対応したiPadで利用可能

・MacはmacOS CatalinaがiPadはiPadOSが条件

iPadとMacで、同じApple IDでiCloudにサインインしていること

・iPadとMacで、ともにWi-FiとBluetoothがオンになっていること

などの条件があります。

この条件を満たすとサブディスプレイにできるのですが、こんな事もできました。

f:id:gikouk:20200209174639j:plain

画面共有させて、Macのテキストエディットに打ち込んだものをiPadに出す。

先日、弱視で聾の方とお話したときにこのシステムを使ってみました。結構手軽に要約筆記ができたのでこれは使えるな…。

いろんな使い方を今後も研究していきます。

Canon iP2700という激安プリンター

年末に年賀状印刷しようとしたらプリンタが壊れました…。

なんてこったい!

さてさてどうしようかと考えていたら…あ!

こいつが眠ってた。

Canon iP2700

f:id:gikouk:20200208090135j:plain

cweb.canon.jp

何年か前にAmazonで2,800円で買っておきました。

プリンター本体のほうがインクカートリッジよりも安いという、当時の激安プリンター。もう売ってないみたいですね。

ただ、無線は使えないのでAirMacExpressⅡをつないで強引に無線化しています。

…結論は…十分使えるじゃん!MacからもWindowsからも印刷できるし。

ただ、iPhoneからのAir printには対応してないのがネックかな…。あと、排紙トレイがないので自作してます。そこもちょっとね。

やっぱりメインのプリンターにはできないので、エコタンク搭載機種を買おうかな。ちょっと調べてみよう。