ギコノマド

教育系ICT関連情報やグルメ情報など、雑多な内容を書いてます。アップル製品愛好家だけどもThinkPadも好き。

YouTubeでライブ配信してみる

今年のコロナ禍は本当に予想しないことでした。

そんな中で様々なかたちでオンラインへの移行が進んでいます。先日のカンブリア宮殿で築地本願寺の取り組みが放送されていました。

www.tv-tokyo.co.jp

 オンラインでの御法事です。もともと浄土真宗は法要のライブ配信を行っている実績があります。毎年1月に勤修される御正忌報恩講をライブ配信しています。

 放送の中ではzoomを使ったオンライン法事を取り上げていました。これは本当に必要な取り組みです。うちのお寺も今後はやっていきます。

 実は今回のお盆でちょっとオンラインの取り組みをしてみました。今回はYouTubeを使ったライブ配信をやってみたのでその記録として。

 

  1. YouTubeを利用するには?

  2. ライブ配信をするために必要なもの

  3. 思わぬ落とし穴

  4. やってみて思った今後必要なもの

 

 1.YouTubeを利用するには?

 YouTubeを見るだけなら何もしなくても見ることはできます。パソコンからでも、タブレットからでもスマホからでも可能です。

 ただし、配信をしようと思うと準備がいります。

 ①Googleのアカウントを取得する。

 ②YouTubeのチャンネルを開設する。

 ③ライブ配信の申し込みをする。 

 ④申し込みしてから24時間待つ。

 

 この④番がちょっと注意点でした。思いつきで「やってみよう」と思っても、実は24時間以上しないとライブ配信ができません。なので配信は綿密に準備しないといけませんね。

 あと、YouTubeライブには「公開」「限定公開」「非公開」の3種類が存在します。公開は一般公開。限定公開はURLを知っている人のみ見ることができます。非公開は自分しか見れません。

 もしYouTubeで法事等をするなら「限定公開」で行います。個人情報が多分に入りますから…。

 

2.ライブ配信をするために必要なもの

 必要な機材として今回用意したのが次のものです。

・パソコン(ThinkPad X250)

・ビデオカメラ(HDMI出力が可能なもの)

・HDMIケーブル

・ビデオキャプチャー

 パソコン本体のカメラでも配信は可能ですが、今回はビデオカメラからHDMIで出力して、USBのビデオキャプチャーでパソコンとつなぎ、ビデオカメラをパソコンの外部カメラとして認識させて使いました。そのほうが広い本堂でズームしたり、カメラを横に振ったりが楽でした。

 ちなみに使ったキャプチャーがこれです。

www.amazon.co.jp

 正直言って安かったのでちょっと不安もありましたが、問題なく使えました。

 

3.思わぬ落とし穴

 実は最初は今使っていないiPhoneをカメラとして利用して、配信する予定でした。ここで思わぬ誤算だったのですが、iPhoneやタブレットから配信はできるんですが、条件が存在しました。

「スマホやタブレットからのライブ配信はチャンネル登録者が1,000人を超えないと配信ができない」

 これはちょっと誤算でした。なので配信はパソコン経由である必要がありました。

 

4.やってみて思った今後必要なもの

 ライブ配信を何度かやってみて思ったのが、カメラ性能以上にマイクの性能が必要だということでした。正直、音がうまく入らない。

 ビデオカメラ近くの音は鮮明ですが、読経が途切れる…。

 なので今後はマイクを取り入れていきます。そういえばカンブリア宮殿でみた築地本願寺もパソコンのカメラでしたが、マイクは会議用のものを使っていました。音を鮮明に伝えるということは大事ですね。

 今回これを購入しました。

www.amazon.co.jp

 今後もいろいろな取組をしていかなければと思ってます。

 とりあえず、オンラインの御法事ができることをホームページにも掲載しました。今後はどんどんやっていこうと思います。

気がつけば11年…

去年からiPhone XRを使ってます。そしてここ数年はずっとiPhoneです。どのくらい使ってるのかと遡ってみたら…今日で11年でした。

実はiPhone買ってすぐ、わけも分からずに(笑)Twitterに登録したのです。なのでTwitter登録の日を調べるとiPhoneにした日がわかります。

最初に買った3GSから4・5・6・7・XRとずっと11年間iPhoneでした。

iPhoneを使ってみて思うのが、操作性が良いこと。そしてアクセシビリティが優れていることですね。

ただ…高い。確かに性能は良いのですが、高いのはちょっとね。

年末年始のイタリア旅行の反省から今後はカメラ性能のいいスマホにしていく予定なのですが…さて、どうしようかな。

f:id:gikouk:20200104142120j:plain

ピサの斜塔にて。iPhoneXRで撮りましたが、白飛びしてますね。

やっぱり夜景が綺麗に撮れるスマホカメラがいいな…。


今じっくり見るならこの作品かな。

この3月から6月にかけて週末は自宅で過ごす時間が多かったですね。そんな時間に一気観したのが「銀河英雄伝説」の旧作シリーズと「彩雲国物語」でした。

映画も多く見ましたよ。古いのから比較的最新の映画も。

そんな中でゆっくり見たい映画をあげてみるとすると…

 

アパートの鍵貸します(1960年)

 

ですね。

1960年の映画ですが、今見ても古さを感じない感じない名作ですね。

明石家さんまがこの映画に影響されてスパゲッティをテニスラケットで湯切りするシーンを演じていたのも有名な話ですね。

シャーリー・マクレーンも美人ですよね。

てな感じで。

ステイホーム中に見た映画の中なら一本でした。

 

お題「ゆっくり見たい映画」

今さらながらThinkPad X395

今さら感はものすごく強いですが、ThinkPadの話など。

2月に自分の誕生日プレゼントとして新しいパソコンを購入しました。しかも珍しく新品で。

ThinkPad X395です。

ThinkPadシリーズは好きで、X220から使用してます。X250もかなり使っていました。

2月の段階ではThinkPadというかWindowsを仕事で活用する機会が増えそうだったことと、MacBook Proのキーボードがどうしても慣れなかったので、持ち運び用の高パフォーマンス機が欲しかったというのがあります。

というわけで検討して、ThinkPad X395を購入しました。

結論から言うと、大正解でした。その後のコロナ騒動によって在宅勤務した際にもものすごく役立ちました。やっぱWindows環境が必要になるのですよね。今の職種だと。

さて、購入したThinkPad X395はX390の兄弟機種です。末尾に5がつくのはCPUにIntelでなくAMDのCPUを使用しているからです。

ひと昔前まではAMDのCPUといえば「爆熱」というイメージでしたが、最近はかなり良くなりました。個人的にはコスパの面ではすごく気に入っています。Intelよりも安くて性能は高性能なのがお気に入りです。

今回購入したX395にはAMD Ryzen 5 PRO 3500U (2.1GHz, 4MB)が搭載されています。メモリは16GB PC4-21300 DDR4 (オンボード)にアップグレードしています。メモリは正義なので(笑)

SSDは256GBですが、まあ、私の使い方なら十分です。

MacBook Proとの違いはなんと言って拡張性です。USBタイプA、タイプC 、HDMIコネクタなどがあること。これは大きいです。なんだかんだ言ってタイプCだけで何もかもを賄えるというのはまだ難しいですよね。

あと指紋センサーも地味に便利。重量も1.28kgと持ち運ぶにも苦になりません。

なので、ちょこちょこ持ち運んで使ってます。

f:id:gikouk:20200621150657j:plain

eSIMを契約してみた

iPhoneXRをauで契約して使っていますが、料金が高い…。

どうにかして料金を抑えようと考えた結果、eSIMを使うという手段にたどり着きました。

eSIMとは?

SIMとはスマホなどに入っている通信カードのことです。それに対してeSIMとはスマホなどに内蔵されているSIMのことです。つまり、SIMカードを使わなくても内蔵されているSIMカードを使って通信を行うことができます。電話番号はそのままで、通信機能だけを別の会社と契約することができる。この機能は海外旅行の時にすごく役立ちます。

わたしも年末からイタリアに行った時にこの機能を使いました。電話番号はauのままで、通信機能だけ現地の回線を契約して使いました。

さて、この機能ですが日本国内でも使えます。

今回はIIJmioという格安SIMの大手と契約してみました。5月末まで新規契約手数料3,000円が無料になるキャンペーンをやっていたのもきっかけです。

これで電話番号はauのままで、通信はIIJmioのプランになります。

月間6GBのプランにしたのですが、いざとなったらポケットWi-Fiもあるから大丈夫でしょう。

さて気になる通信速度ですが

土曜日の昼前に鳥取市内で測ってみたら

f:id:gikouk:20200531095640j:plain

こんな感じでした。まあ上出来かな。

平日の朝に勤務先(赤碕)で計測したら

f:id:gikouk:20200531095753j:plain

こんな感じ。

さて、平日の昼間の職場付近は…

f:id:gikouk:20200531095857j:plain

さすがに弱い…( ;∀;)

使ってみてどうなのか、もうちょっと実験します。

 

 

Windows10 2004アップデート

Windows10の大型アップデートであるバージョン2004が(日本時間)昨日から配信スタートしました。とは言ってもまだ全ての端末向けでは無いようで、順次アップデートがくるみたいです。

うちはWindowsデスクトップに配信が来ましたが…一般的にはアップデートはしないほうがまだいいです。周辺機器や各種ソフトの相性などがまだわからないので。

わたしの場合は人柱上等なのと、メイン機はMacなので検証用に喜んでやります(笑)

Windows10にはいくつかのバージョンが存在します。Windows10が最初に登場したのは2014年9月です。それまでWindowsはVista以降は7、8、8.1とナンバリングされてきましたが、9を飛び越して10が出てきました。そしてそれ以降は年2回、大掛かりな更新が行われてきました。

こうして毎年様々な更新が行われていますが、個人的には1903(2019年5月更新スタート)が衝撃的でした。ダークモード(黒背景に白文字)が追加されたほか、マウスのカーソルの大きさや色が大幅に変更できるようになりました。これは大きな進化でした。特に弱視ユーザーにとって。

今回の2004アップデートがどのような進化を遂げたのか…。

ちなみに…Windows10の過去は1903、1909のように末尾は3か9でしたが、今回だけは2004と4です。これは製品として存在する「Windows Server 2003」と混同しないようにしたと言われています。

さてさて、今週末はWindows10 バージョン2004を少しいじってみますかね(^ω^)